包茎手術は日帰りで受けられる - 包茎手術のきほん

包茎手術は日帰りで受けられる
包茎手術のきほん > 包茎手術は日帰りで受けられる

包茎手術は日帰りで受けられる

包茎手術は局所麻酔で行われることが多いので、ほとんどが日帰りです。
仕事を休めないという人や、家族に心配をかけたくないという人にも受けやすい手術と言えます。
ごく稀に全身麻酔や下半身麻酔での手術になることがありますが、その場合でも1泊入院程度です。

包茎手術と聞くと、ペニスそのものにメスを入れるようなイメージを持つかもしれませんが、実際は皮の部分を切って縫うだけなのでそれほど複雑な手術ではありません。
重要な臓器からも離れていますし、大きな血管を傷付けないため、命に関わるようなことはありません。

日帰りできるといっても、手術当日は体調を整え、睡眠を十分にとっておきます。
食事もしっかり食べておきましょう。
緊張と出血で過呼吸や貧血を起こしやすくなっています。
特に男性は貧血になると、座ったり、しゃがんだりする前に卒倒してしまうことが多いので、自分の体調に気を配るようにしましょう。

手術後は医師からの注意事項と禁止事項を守るようにします。
当日の飲酒、喫煙、湯船に入る入浴は控えます。
手術後数時間で麻酔が切れてきます。
このときが痛みのピークなので、処方される痛み止めを服用します。
日帰りでの包茎手術の場合、身の回りのことを自分でしなければならないため、この点が大変かもしれません。

切ったところが腫れるということは手術後よくある事なので問題ありません。
しかし、初めてその状態になると不安になると思います。
病院によっては、時間外でも電話でサポートしてくれるところがあるので心配な点や、分からないことがあったら聞いてみましょう。