包茎という病気はありません - 包茎手術のきほん

包茎という病気はありません
包茎手術のきほん > 包茎という病気はありません

包茎という病気はありません

包茎は病気ではありません。
包皮が余っているだけのことです。
そのため、盲腸や親知らずと同じように、誰しも治療が必要という訳ではありません。
毎日きちんとお風呂に入って洗っていれば問題ありませんが、どうしても恥垢がたまりやすいということがあります。
かぶれたり、炎症を起こしたり、痛みが出たりすることがあり煩わしく思うことがあるかもしれません。
また、近年のメディアの影響で、包茎には不衛生なイメージを持たれる方が多いかもしれません。

包茎には大きく分けて、真性包茎と仮性包茎があります。
真性包茎は包皮口が狭いために、勃起しても亀頭が露出しないことを言います。
逆に仮性包茎は勃起や手で包皮を剥くことで、亀頭を露出させることができる状態のことです。

真性包茎の治療方法にはサプリや手術、器具を使ったものがあります。
人間の皮膚は伸縮性があるので、包皮口を少しずつ広げて治すことができます。
ただし、これには時間がかかりますし、無理に動かすとカントン(嵌頓)になるため、やり方には注意が必要です。
カントンとは、ヘルニアなどでも起こる「元に戻らなくなる」状態のことです。

仮性包茎は病気じゃないため、手術は健康保険上美容整形と同じような扱いになっています。
そのため、保険は適用されず全額負担しなければなりません。
治療は余っている包皮を切除するだけなので、割と簡単な手術です。
しかし、皮膚または粘膜の一部を切るため、ペニスの感覚に変化が生じる場合があります。
一度切ってしまうと元の状態には戻せないため、手術するかどうかは慎重に考え、信頼できる医師にかかることが重要です。