仮性包茎の手術方法とは - 包茎手術のきほん

仮性包茎の手術方法とは
包茎手術のきほん > 仮性包茎の手術方法とは

仮性包茎の手術方法とは

仮性包茎の手術は、余っている包皮を切除する手術です。
皮の部分の手術なので、比較的簡単ですが、見える部分を切ったり縫ったりするので手術跡の仕上がり具合で善し悪しが出やすい手術だと言えます。
包皮をどの位置で切除するかによってメリット、デメリットがあります。

一般的なのは陰茎の中間位置で切る「環状切開術」です。
この方法の良い所は、性感帯の集中した箇所を残せることと、無理なく包皮を切れるので、突っ張った感じになりづらいという点です。
しかし、手術跡が目立つ位置に来るという難点があります。

より亀頭に近い位置で切り、カリの下に手術跡が隠れるようにする「亀頭直下環状切開法」の方が、より自然な仕上がりになります。
どんなに細かく縫ったとしても手術跡が100%残らないということはないため、目立たない位置でシワに隠すことで見えづらくしています。
敏感な陰茎の先に近い位置での手術なので、傷が塞がるまでの痛みが強い可能性があります。
また、個人差はありますが、性感帯が減ってしまうので感度が落ちるというデメリットがあります。

陰茎根元まで皮を寄せることができる場合だと、陰毛で隠れる位置での手術も可能です。
手術跡も目立ちにくく、感度も落ちにくいため良い事ずくめのようですが、適用できる人が少ないため、あまりメジャーな方法ではありません。
また、この方法が適用出来る場合、切らずに医療用接着剤で包皮をとめたり、縫いつけるだけで治せる、いわゆる「切らずに治す」ことが出来る人なので、そちらを勧められることもあります。

最終的には医師との相談の上、決定することになりますが、もっとも自分に適した方法での手術方法を選びましょう。