真性包茎の手術方法とは - 包茎手術のきほん

真性包茎の手術方法とは
包茎手術のきほん > 真性包茎の手術方法とは

真性包茎の手術方法とは

真性包茎手術を受けられるのは泌尿器科、形成外科がある病院、または包茎専門クリニックです。

ペニスには亀頭の出口にあたる、包皮輪と呼ばれる部分があります。
この包皮輪に十分な広さがないと、スムーズに包皮を剥くことができません。
真性包茎の場合、包皮輪が非常に狭いために包皮が剥けづらく、亀頭が露出しにくくなっています。
真性包茎の手術方法は、この包皮輪の狭い部分を完全に取り除き、スムーズに亀頭を出せるようにします。
この場合、余っている包皮までは切除しないため、手術後は仮性包茎の状態になります。

一般の病院だと健康保険が適用されるので、2~3万円程度で治療することができます。
しかし、2~3万円という費用は一番安く済んだ場合の値段です。
入院が必要と医師が判断すれば、さらに7~10万円程かかります。
もちろん、入院した方が何かあった時に対処してもらえますし、体力的に楽だというメリットがあります。

一般病院でのデメリットとして挙げられるのが、手術跡が目立つ場合があるということです。
特に泌尿器科では「治療」に重点をおいて手術を行うため、見た目をあまり考慮していません。
手術跡の仕上がりがきれいなのは包茎専門クリニックの方です。
自由診療のため、費用は高くなりますが、包茎手術の実績も多いということもあり手術跡についてかなり考慮されています。
また、仮性包茎の状態にならないようにしてもらうことができるため、確実に包茎を治したいという場合は包茎専門のクリニックで相談する方が良いでしょう。

病院でもクリニックでもその人との相性があるので、トラブルを避けるためにも信頼できる医師にかかる方が安心です。