包茎手術は切る位置で違う - 包茎手術のきほん

包茎手術は切る位置で違う
包茎手術のきほん > 包茎手術は切る位置で違う

包茎手術は切る位置で違う

包茎手術ではいくつかの種類の術式がありますが、基本的には余分な包皮を切除し、再縫合することで亀頭の露出を図ります。
そのため、いずれの術式を用いたとしても、メスを入れた部位に包茎手術の跡が残ることは避けられません。
手術自体は30分ほどの簡単なものです。

「環状切開術」。
数ある包茎手術の中でも最もポピュラーな術式が「環状切開術」です。
陰茎の中間あたりで余っている皮を切除する方法です。
この術式は、包皮小帯や内板が集中している部分を切らずに残すため、性感の感度低下を招くリスクが少ないというメリットがあります。
手術の時間も短く、よほど腕が悪い医者でもない限り失敗が少ないと言われています。
デメリットとしては切る場所が陰茎の中間になり、そこから肌の色が異なるといういわゆるツートンカラーになってしまう点です。

「亀頭直下環状切開法」。
「亀頭直下埋没法」とも呼ばれることがあるこの術式は、その名の通り、亀頭の真下から余った皮を切る方法です。
皮の境目がちょうどカリの下に隠れるため、割と傷跡が目立ちにくい術式です。
見た目は自然になりますが、担当医によっては包皮小帯や包皮内板も切除してしまうため、感度が落ち遅漏気味になると言われています。

「根部切除法」。
陰茎の根元付近から余っている包皮を切除する治療法が根部環状切除術です。
傷跡は陰毛に隠れるため、目立たなくなります。
根元付近まで包皮が伸ばせないと出来ない術式のため、この方法で手術できる人と、できない人がいます。

その他、亀頭に被っている包皮を切除せず、医療用接着剤や縫合糸で留めておくだけの、いわゆる「切らない手術」という方法もあります。